メール配信でお悩みなら!おすすめサイト6選

Home > メール配信の情報 > タイミングや早さのメリットがあるメールの配信による販促

タイミングや早さのメリットがあるメールの配信による販促

 一般企業では、売上数字を大変気にしています。
 自社製品の売り上げを何とか伸ばす為に、様々な方法を試行錯誤している方々も多いです。
 企業によっては、紙媒体のDMなどで販促活動を行っています。
 しかし紙媒体の手段ですと、必ずしも適切なタイミングになるとは限りません。
 例えば多くの家庭に対して、ポスティングで販促活動する手段はあります。
 しかし受け取る側からすれば、適切なタイミングでない事もあります。
 長期的に不在なタイミングで投函しても、販促効果が出ない事もある訳です。
 このため売り上げ数字を伸ばしたい企業としては、別の手段を検討している事もあります。
 その候補の1つとしてメールを配信する手段が浮上する事もあります。
 現にタイミングなどを考慮すれば、むしろその手段の方が望ましい事も多いです。
 

 そのWEBの手段の場合は、送信する時期をある程度調整する事はできます。
 例えば、誕生日などのタイミングです。
 そのWEBで販促する手段の場合は、送信するタイミングは自由に設定できます。
 法人によっては、独自のシステムで送信している事もあります。
 利用客の誕生日を登録しておくと、システムが自動的に販促のメールを送信してくれる訳です。
 それを受け取った側としては、喜んでくれる事も多いので、効果的な販促活動を実現できる傾向はあります。
 しかし紙媒体のチラシという手段ですと、それは著しく困難です。
 チラシを無作為に入れていく方法ですと、自分が投函する家庭は、必ずしも誕生日であるとは限りません。
 時には、悪いタイミングで投函してしまう事もあります。
 ですから上記のWEBの手段の方が、販促効率が優れているとも言える訳です。
 

 それと上記のWEBの手段は、早さに関わるメリットがあります。
 紙媒体のチラシと比べれば、高速にアピールできるメリットは大きいです。
 紙媒体のチラシを投函する手段ですと、どうしても時間を要してしまう傾向があります。
 例えばある特定エリアの3000世帯にチラシを投函する時などは、1日中作業する必要があり、時間効率があまり良くない事も多いです。
 それに対して上述のWEBの手段でしたら、一気に多くの方々に対して送信できます。
 わずか数分で、数万人以上に対して広告を送信する事も可能です。
 スピードを考慮すれば、明らかにWEBの方が優れている訳です。
 ですから販促効率を考えれば、紙媒体のチラシよりは、メールの方がおすすめと言えます。
 紙媒体のチラシでの販促に限界を感じている企業などは、そのWEBによる配信サービスを検討している事も、少なくありません。
 

次の記事へ

カテゴリー