メール配信でお悩みなら!おすすめサイト6選

Home > メール配信の情報 > メールを配信する適切なタイミング

メールを配信する適切なタイミング

 効果的な販促活動するためには、タイミングは大切なポイントになります。
 開封確率などを高める為には、時間帯などは意識する必要があります。
 時間帯を工夫するだけで、成果がだいぶ変わってくる事はあります。
 例えば、学生の方々に対して販促活動をしたいとします。
 それで学生ですと、販促活動を見るのが難しいタイミングもある訳です。
 例えば午前中の10時頃などのタイミングです。
 その時間帯に学生に販促物を配ったとしても、見てもらえない確率が高いです。
 なぜなら朝の10時頃は、学生は授業を受けているからです。
 同じ理由で、13時30分などのタイミングに販促活動を行っても、なかなか見てもらえない可能性があります。
 むしろ夜などのタイミングの方が、望ましい事も多いです。
 同じ理由で、サラリーマンも夜間の方が望ましい事もあります。
 

 ところで昨今では、多くの企業はメールにて販促活動を行っています。
 例えば、あるお店を営んでいるとします。
 たまたまそのお店に顧客が来て、商品を購入してくれたとします。
 その来店客に対して、販促活動をしたいというニーズもある訳です。
 来客者にパンフレットなどを送付するだけでも、リピーターになってくれる確率が高まる事もあります。
 上述のメールというWEBツールも、それは同様です。
 ただWEBツールの場合は、送信時間を選ぶ事もできます。
 その特性を最大限に生かして、送信する時間帯を考えてみるのは有効です。
 学生に対して送信する時には、上述の午前中や13時半にするのではなく、むしろ夜に送信する方が望ましいこともあります。
 またサラリーマンの場合は、帰宅直後の時間帯に送信する選択肢もあります。
 

 つまりWEBツールで広告を配信する時は、時間帯を意識する必要はあります。
 しかし時間帯だけでなく、日程なども考える必要があります。
 開封される確率が高いタイミングを見計らう方が、販促効率が変わってくるからです。
 例えば、誕生日などのタイミングです。
 多くのお店では、来店客に生年月日などを記載してもらっています。
 その生年月日という情報を、広告配信で活用してみる訳です。
 通常の平日に広告を送信するのではなく、むしろ誕生日というタイミングで送信する方が、来店客から開封される確率も高くなる傾向はあります。
 もちろん開封されれば、最終的に売上数字が高くなりやすい訳です。
 ですから送信する時には、日程も考える必要はあります。
 このようにメールで広告を配信する際には、時間帯や日程を考える事は大切です。
 

次の記事へ

カテゴリー